おまとめローンのメリットとデメリット

最近よく耳にするおまとめローンとは、複数の金融期間から融資を受けている人が、1つの金融機関からの融資に切り替えることをいいます。

従来、複数の金融機関から融資を受けている人は、返済のために他の金融機関から融資を受けることで、返済状況が厳しくなってしまい、破産に向けた負の連鎖に陥ってしまうことが多く見受けられました。

ローンをまとめるには、一定の金融機関それぞれが持つ審査基準をクリアすることが必要ですが、おまとめローンを活用するメリット、デメリットは、次のとおりです。

まず、メリットについてです。ローンをひとつにまとめることで、異なった利率を一本化することで、返済金額の総額を減らすことができます。また、同一月で複数回あった支払日も1本化することにより、支払遅延の事故を防ぐとともに、支払い日の管理を行う精神的な負担も軽減できるようになります。

次にデメリットですが、ローンをひとつにまとめ支払い総額が減るのですが、気をつけなければならない点は、元金は一切減額されていないということです。そのため、異なる金融機関から新たに借り入れなどを行わないことが、確実に債務を減らしていくことにつながります。

また、通常のローンと比べて審査基準が厳しいとうのも気をつけるべき点です。ひとつにまとめることで支払い金額の総額は多額なものとなるので、審査も当然厳しく、これまでの信用状況が大事な基準の一つになってきます。

一月の支払い金額は減額できますが、支払いにかかる年月によっては、支払い金額総額は大きな額になってきますので、生活スタイルや生活状況によって、適切な返済計画をたてるのが重要です。



おまとめローンの審査と総量規制

複数の消費者金融を利用している場合、それを一本化することが出来るのカードローンが「おまとめローン」と呼ばれるものです。おまとめローンを利用することによって、返済先を一つにすることが出来ますので、返済総額を減らすことが出来ますし管理も楽になります。

一方で、今ある借り入れを他の業者に借り入れて金利や返済期間などを見直すのが、「借り換えローン」です。これらは、呼び名は異なりますがその性質はほぼ同様です。

利用するためには、申し込みをした上で、審査を受ける必要があります。審査を通過することが出来れば、利用することが出来るようになります。

おまとめローン・借り換えローンは共に総量規制の対象とはなりません。ですから、年収の3分の1以上の借り入れがあるという場合であっても利用することが出来ます。ただし、すべての場合で利用することが出来るわけではありませんので、注意が必要です。

利用者にとって、有利にならなくてはなりません。これは、毎月の返済額や借入総額が減る、追加の担保や保証を必要としないということにあります。

今よりも、利率が下がったり、毎月の返済額が減少するようであれば利用することが出来るということになるのです。



手数料の観点から業者選びは大切

おまとめローンを考える方々は、全国各地に見られます。中には、まとめる為に躍起になる方々も居るのです。

そもそも人々は、何とかして手数料を軽減したいとお考えです。それでまとめるタイプの商品は、確かに手数料減額などは可能なのです。

ただ上記でも触れた通り、それは全国各地にあります。日本全国に存在する以上、やはり業者選びなどは重要なポイントになるでしょう。と言うのも業者によって、手数料などに関する違いがあるからです。

例えばA社の場合は、年間手数料が13くらいだとします。それに対してBの場合は、15などの具合です。

それは業者側の都合を考慮すると、分かりやすいと思われます。そもそも業者としても、まとめることによる手数料で商売が成り立っています。手数料体系などは、各社それぞれ異なる訳です。色々と利益の問題があり、上記のように13や15など数字の違いが存在します。

つまり業者をよく選定する方が、お得になる訳ですね。できるだけ慎重に選んでみると良いでしょう。



おまとめローンの契約可否は返済実績の数がズバリ左右する!

おまとめローンは、上限金利が高い貸金業者で継続中の借入を、少なくとも1日以上審査を受けた上で金利水準が低い銀行ローンに借り換えする使い方が一番多いです。

特におまとめローンの審査は、借入中の債務状況が契約可否を大きく左右すると言っても過言ではなく、豊富な返済実績の数も必要になります。

滞納中の債務が1本でもあったり、キャッシングやカードの返済履歴の積み重ねが余りに少ない場合は、おまとめローンの審査を断られる可能性は大きいです。

又、特に滞納や返済遅延の問題がなくても、就職転職したばかりの時点で審査申請する事は、勤続年数の不足で審査対象から外れる事も大いにあります。

つまり、おまとめローンは通常のキャッシングやクレジットカードを作るのとは違い、審査通過基準が幾分高く設定されてる事を知っておきましょう。

債務を1本化して低金利で返せるのがおまとめローンの最大の魅力ですが、返済に利用するインターネットバンキングの手数料が高いと逆にストレスになるので、なるべく自分のメインバンクと提携のある金融機関から選ぶと経費を抑えた取引ができます。